JR六甲道(阪神新在家)の「麺道 しゅはり本店」に行ってきた。潮ラーメンだけでなく担々麺・まぜそばとかもGOOD!

店構え ラーメン

筑紫です。

今頃になって1年以上履いていた革靴で靴擦れになったので、新しい革靴に履き替えたら今度は足の裏が痛くなった!

さて、JR六甲道(阪神だと新在家)近辺にはラーメン屋が客の争奪戦を繰り広げているのですが、今回は「麺道 しゅはり」に行って来ましたよ。結構な人気店なのですがどんな感じでしょうね。

さぁいってみよー。

麺道しゅはりへの行き方(アクセス)・営業時間など

住所:〒657-0036 兵庫県神戸市灘区桜口町5-1-1
電話番号:078-767-1110
営業時間:平日11:30~14:30、18:00~24:00 土日祝11:30~16:00、18:00~24:00
定休日:月曜(
座席:テーブル12席(4人掛け×3)・カウンター5席
食べログ:潮らあめん:麺道 しゅはり 六甲道本店-新在家(ラーメン)[食べログ]
支払:現金のみ(券売機)
駐車場:無し(近隣のコインパーキング等を使いましょう)
公式サイト:なし(ツイッターはこちら

:月曜は、麺道しゅはりとしての営業はお休みで、「ラーメンまぜそば鶏冠(トサカ)」として営業しています。チキンカツカレーまぜそばとかなかなか他では食べられないものもあるので、まぜそば好きな方は行ってみてください!

しゅはりは六甲道駅から徒歩5分くらいです。ちなみに、阪神の新在家駅からでも同じくらいかかるので、電車で来る方は便利な方を使うといいでしょう。

参考:新在家から行くと、道中に筑紫が過去なんども訪問している米福とかいっぽしとかがありますよ。

六甲道駅南側にそびえ立つタワーマンション群(?)ウェルブ六甲道の5番街1番館です。まぁ建物の名前はいいとして、なんせ2号線沿いの六甲ボウルの向かい、かつ、灘区役所の公園を挟んで隣にあります。

区役所

奥の近代的な建物が区役所。それにしても天気がよくて気持ちいいですねぇ(行ったのは真冬だけど!)。

そして、しゅはりがこれ。

しゅはり

少しだけ近づいてもう一度!

店構え

赤がベースの門構えですね。

しゅはりは色々ポスターを貼ったり、南側を向いている事もあり、店内の様子は外からはあんまり見えません。「満席だったら待つの嫌だな・・・」「誰も客がいなくても嫌だな・・・」と色々考えながら入りましょう!

ちなみに、(行列に並ぶのが嫌なので毎度の事ですが)筑紫が行った時はランチ時間を微妙に外していたので、入った時点では誰もいませんでした 笑

しゅはりの店内はこんな感じ!

しゅはり 店内

簡単に説明すると、まだ移転してからそんなに長く経っていないので、店内は綺麗です。ダーク基調の落ち着いた感じ。入ってすぐにテーブル席があり、奥に行くとお一人様用のカウンター席があります。

女性客の人も一人で来ていたので、女性でも入りやすいのでしょう。

壁にはチョークでこういうのも書かれていました。

しゅはりの壁の地図

揚道 しゅはりの場所とさんちか麺ロード店の場所、その他揚道しゅはりとのコラボ情報などが黒板に書かれております。

チョークでこれを綺麗に書くには大変!

私が行った時は店員さんが男性だけでしたが、自分たちでやったんですかね。凄い!

ちなみに、机の上には髪が長い人でもラーメンが食べやすい様にヘアゴムが置いていますよ。

ゴム

ちょっとした事だけど、嬉しい気遣いですね。

あと、写真はないですけど”おしぼり”は殺菌されたしっかりとしたタオルタイプのモノが出てきます。よくあるうっすいオシボリじゃないところも嬉しい!

しゅはりのメニュー〜揚道 守破離の唐揚げ持ち込むとサービスあり!〜

はい、メニューです(店内のメニューだとちょっと暗くて見にくかったので、店頭に貼ってあるメニュー!内容は同じ)。

しゅはりのメニュー

ちょっと見えにくいですね、すんません。

塩ラーメンではなく、潮らあめんというところにこだわりを感じますね。他にもなんだか個性的なラーメンが並んでいます。右下の鶏TKGもちょっと気になってしまいました。

ちなみに、しゅはりのすぐ近く(下の地図参照)には、揚道 守破離(あげどう しゅはり)という店があります。色んな部位の唐揚げがあり、持ち帰りや外で立ち食いができるのですが、ここで200g以上の唐揚げを買ってしゅはりに持ち込むと、なんとご飯と味噌汁をサービスしてもらえます!(平日限定

地図

すぐそこですね、歩いて1〜2分程度なので買った唐揚げが冷める事もないでしょう。

一応、揚道 守破離のメニューも載せておきます。

しゅはり唐揚げ

なお、元々は今「揚道 守破離」のある場所に麺道 しゅはりがあったのですが、2016年の7月に現在の2号線沿いの店舗にお引っ越しています。揚道 守破離ができるまでの間そのスペースには、味噌ラーメン屋さんが入っていました。

つぶやき:前の店舗のときは、カウンターの中が厨房で、店員さんがずっと見えていてなんだか気まずい感じもありましたが、移転後は厨房は奥の方に隠れた仕様になっています。あ、メニューも前は塩ラーメン専門店だったのですが、移転後はメニューが豊富になっています。

あ、上の基本情報のとこでも書いていますが、ここは食券制です。後ろに並ばれるとなんか妙に早く決めなきゃと焦るアレです。

食券

ま、そんな話はさておき、いざ実食!

禁断の担々麺を食す!

まず言っておきます、筑紫は辛いものはほとんど食べません!特に仕事の日は。なんでかって?辛いもの食べると体が火照って来て仕事に集中できないから!

けど今回は、知り合いが「ここの担々麺はめっちゃうまいで!」って言っていたので、平日だけど頼んでみました。

どんな担々麺が来るんでしょうねぇ、店員さんからは「仕上げのラー油に普通のと激辛のが有りますが、どうしますか?」と聞かれましたが、筑紫は当然の様に普通のをリクエスト!

担々麺

こんな感じ。おしゃれな担々麺ですね。スープとラー油、ネギ、玉ねぎ、肉味噌の色合いがとてもいい感じです。

担々麺2

うん・・・、麺を見せようとしているのに麺にピントが合っていない。さっせん!早く食べたいが為に、写真ちゃんと確認してませんでした・・・。とにかく!麺は平打ちの中太縮れ麺で、モチモチしています。

食べてみると、とってもクリーミーな味わいですね。まぜずにスープを飲んだら担々麺という感じは全然しません。グリグリ混ぜて肉とラー油がスープに程よく混ざって来ると担々麺!という感じ。

肉味噌の山椒と唐辛子が程よくマッチしていて、美味しいですよ。

そして当然オススメの潮らあめんも食す!

改めまして、筑紫です。改めなくてもいいんですけど、潮らあめんも食べて見たので一応改めました。

頼んだのは、普通の潮らあめんではなく敢えて「潮らあめんチャーシュー3枚味玉付き」です1,050円なり。

はい、いっちょあがり!

潮らあめん

厚めのチャーシュー3枚に鳥さん1枚、海苔、ワカメ、煮卵1個分、ネギ、桜エビさんが乗ったもう全部乗っけらーめん!

麺はこんな感じ。

潮らーめん2

ここの潮らあめんは、他のらーめんと一味違います。麺をよく見てください、なんかこんにゃくみたいにプツプツが見えますよね。太麺平打ち縮れの全粒粉入り!ってやつです。

担々麺とかの麺とは違うので、きっと潮にはこれが合うという研究に研究を重ねた結果なのでしょう。筑紫はそこらへんのとこはよく分かってません。

スープ

そして、スープのこの透き通った感じ!いいですね。飲んでみると「THE・海!」って感じ。桜えびさんが結構アピールしてはいますけどね、美味しいと思いますよ。

完食後

はい完食!ちなみに、筑紫はどんなけ美味しくてもらーめんのスープを全飲みすることはありません。だって、血圧上がっちゃうじゃん!

極まぜそばをガツガツ食べてみた!

さて、ここだけ東雲です。

“極まぜそば”を食べてきましたよ。

“きわみまぜそば”なのか”ごくまぜそば”なのか”きょくまぜそば”なのか?どれなのかしら。

メニューには「最早定食 極まぜそば」と書かれておりまして、もはや定食です。

なぜなら”追い飯”が付いてくるからですね!

注文すると店員さんに「ニラ・ニンニク入れても大丈夫ですか?」と聞かれますので、大丈夫デースと返しましょう。

待つこと5分位!きましたーまぜそばー!

極まぜそば

やはり真ん中の黄身が可愛いですね。

具材としては「黄身・ひき肉・ニンニク・細切れチャーシュー・海苔・ニラ・ネギ」ですかね。細切れチャーシューが嬉しい!

しゅはりのまぜそばのスープは少なめ

ちなみに上写真のように「スープ」は少なめ。ダイナソウルの台湾混ぜそばの方がスープ多いイメージ。

極まぜそばを混ぜた後

まぜまぜ。

極まぜそばの食べてる途中

食べる食べる。美味しい!

味は結構”魚介テイスト”ですね。人生二度目のまぜそばですが、結構な魚介テイスト。

ダイナソウルはどっちかというと、味的にはガッツリ系のまぜそばですが、こちらは優しい感じのまぜそばですね。なんせ魚介テイストなので。

個人的に”まぜそば”と言うと、ガッツリテイストの方が人間の本能に合うんじゃなかろうかと思うわけで、個人的な好みで言えばダイナソウルの台湾混ぜそばの味付けの方が好きです!

ただ、しゅはりのまぜそばは健康志向の人にオススメかな。ま、十分に美味しいですけどね。

そして、ある程度麺を食べきったら、店員さんに〆ご飯をオーダーします。

ここは”まぜそば”と同時にライスが来るタイプではなく、店員さんにオーダーしないとシメご飯来ませんのでご注意下さい(壁に書いてます)。

壁紙

オーダーすると、店員さんがお椀を持って厨房へGO。

ライスを入れて戻ってきてくれます。

しゅはりのまぜそばの追い飯

それがこちら!

思っていたよりもライスの量は少なめですね。あと、ご飯が熱々ではない。

わざわざ、店員さんが厨房まで持っていって追い飯してくれるんだから、もっとホットホットにして欲しかったのが正直な所です。

しゅはりのまぜそばと追い飯の混ぜ終わり

が、まぜまぜして食べました。

こちらもサッパリした感じで美味しゅうございました。味が濃くないので、そんなに猫マンマ感は得られませんが、美味しいことは美味しいです!

少しパンチは欠けるかなと思うので、薬味を入れてみても良いかもしれません!

最後に

ラーメン激戦区の2号線沿いに店を構える「しゅはり」。美味しいですよ。

出来れば、もう少し外から店の雰囲気が見えるようになると嬉しいなぁと思ったりします。

なお、三宮駅の地下、いわゆる「さんちか(Santia)」の8番街にある、有名店が出店する麺ロードにもしゅはりは出店しています(店の名前は「麺道しゅはり破」)。麺ロードは、2011年に始まってからすでにシーズン8とのこと。長く続く海外ドラマみたいですね。

半年間の売り上げを競い、最下位だった店は麺ロードから撤退し、新しい店が入って来てまた競う、というスタイルです。どれくらいの期間勝ち続けられるか楽しみですね。

あ、ちなみに「しゅはり」は岡本(摂津本山)の山手幹線沿いにもありますよ〜。

最後に、しゅはりのブログを1つ紹介して終わり!

神戸のおすすめラーメン「麺道 しゅはり 六甲道本店」に行ってみた件

コメント

タイトルとURLをコピーしました