鶏屋ぜんろく 六甲道店でフガフガ言いながら食べる!焼き鳥以外も超うまかった!

ぜんろくの焼鳥 焼き鳥

東雲です。最近はカップルがSNSを共同で運用したりするんですね。深いですね。

というわけで、今回は「鶏屋ぜんろく 六甲道店」に行って参りました。ここは安くて結構美味しいし良いですよ。焼き鳥だけじゃなくて野菜も美味しいです。

なんでもオーナーはフレンチ出身らしく(メニュー表には10年以上の経験があるとかないとか)、(フレンチ×焼鳥)+αのお店を目指されているそうです。お寿司。

確かに店内も綺麗でオシャレですし、既存店チェーン店にはない感がありました。

行きませう。

鶏屋ぜんろく 六甲道店への行き方・アクセス

住所:〒657-0041 兵庫県神戸市灘区琵琶町1-7-21 リベラ六甲2の1階
電話番号:078-842-0080
営業時間(ランチ):なし
営業時間(夜):17:30~24:00(L.O フードは22:30、ドリンクは23:00)
定休日: 不定休
席数:25席
公式サイト:なし
Facebook:鶏屋ぜんろく
食べログ:鶏屋ぜんろく (とりやぜんろく) – 六甲道/焼鳥 [食べログ]
Instagram:鶏屋ぜんろく 六甲道店 • Instagram写真と動画

場所はJR六甲道駅から徒歩3分~5分くらいですかね。私が前回行った「出石そばの花水木」のすぐ北側にあります。

花水木のTwitterアカウントで掲載されているお店(花水木のこと)への行き方を動画でアップしてくれるツイートも再度お借りしておきましょう。

ほんとう、花水木の目と鼻の先にありますんで。

分からない人はGoogleMap見て!

外観写真

ちゅーわけで外観写真。

なんかブレました。

鶏屋ぜんろくの外観

店内写真

座った席がカウンターだったこともあり(ぜんろくは二人だとカウンター席に通される)、ちょっと全体像が分かる店内写真はありませんが、一応載せておきますね。

カウンターから撮ったチューボー。

ぜんろくの厨房

カウンターから撮ったカウンター。

ぜんろくの店内写真

上の写真からも分かるように、店内はシックな感じ。カウンター席は木造ですし、まぁ全体的に良い感じ。デートでも友達同士の飲み会でも色んな用途に使えそうですね。

カウンターから撮った店内の黒板メニュー。

ぜんろくの店内写真メニュー

ガーリックトースト(白肝ペースト)がそそるぅ。

鶏屋ぜんろくは六甲道店以外にも三宮・元町など神戸に手数の店舗あり!

ぜんろくは神戸に5店舗

2018年2月時点、上の写真にあるように神戸に5店舗あるそうです。私は六甲道店以外に、桜口店と元町店に行ったことがあります。どのお店もオシャレでしたよ。

御影店は蔵をリノベーションしたそうで、是非一度行ってみたいなと思ったり思わなかったり。

鶏屋ぜんろくのメニュー

メニューはちょっとあまりうまく撮影できなかったので「食べ物メニュー」と「ドリンクメニュー」に分けてざっと紹介していきますね。

食べ物メニュー

鶏屋ぜんろくのメニュー1

なんと淡海地鶏が欠品ー!

鶏屋ぜんろくのメニュー2

ちょっと光って見えにくいですね。すいません。

鶏屋ぜんろくのメニュー3

美味しいお野菜が美味いんやぁ!

鶏屋ぜんろくのメニュー4

シメのラーメンは絶対食う。

鶏屋ぜんろくのメニュー5

人気ランキングが掲載されているなんて素敵!

ドリンクメニュー
鶏屋ぜんろくのメニュー6

鶏屋ぜんろくのメニュー7

鶏屋ぜんろくのメニュー8

鶏屋ぜんろくのメニュー1.jpg

鶏屋ぜんろくで食べた料理

やっと本題です。

まずはお通しから。多分どの店も共通?だと思うのですが、

キャベツと手羽先の煮込みが出てきます。(食べログによればお通し代は300円で、不要なら食べなくても良いそうです。)

キャベツ

手羽先

キャベツの上に乗っているのは秘伝のタレでしょうか?焼肉の牛角もこんな感じのキャベツ盛り出してくれますよね。

まー、キャベツは箸休めなんでモリモリ食べました。

そして“手羽先の煮込み”ってのは結構珍しいですよね。煮込みらしく身が勝手にほぐれていきます。骨までしゃぶるとはこのことか。

美味しいのですが、正直少し食べにくい(笑) ほぐれすぎぃ

地鶏のお造り「白肝入り おまかせ三種盛合せ」-1,148円

新鮮な地鶏のお造りがあるなら食べますよね。そうですよね。

前回元町店に行った時は「白肝」が既に売り切れだったので、断念したおまかせ三種盛合せをオーダー。ただ、今回行った時は淡海地鶏が欠品と書かれていたので、多分違う鶏さんなのでしょう。

写真がブレた!

お刺身三種盛り

左から「白肝、もも肉、せせり」だそうです。

こちらを

お刺身三種盛りの醤油など

ごま油・ポン酢・醤油のいずれかで頂きます。

白肝は「ごま油」or「お塩」が良いとのことだったので、お塩とごま油で食べました。やっぱり白肝は口の中でとろけますね~☆

鶏一途の最上級白肝には敵わない!?ような気がしますが、この価格でこれだけの量の白肝が出てくるなら大満足です。普通にもも肉とせせりも新鮮で美味しかったです。

せせりを醤油&ワサビで食べて悶絶。いや、美味しくて。

決してワサビをつけすぎて悶絶した訳ではありませんよ。これが淡海地鶏だったらもっと美味しいのかな?

また数ヶ月したら、2017年12月にオープンした三宮店に行ってトライしてみよう!

焼鳥&その他お肉系

続いて焼き物系を紹介しておきましょう。

なんか、もう30超えたおっさん二人で行くと、焼き物が少なくなりますね・・・。なんででしょうね。

【もも肉のネギ塩ポン酢焼き – 780円】

本当は”もも肉のたたきポン酢”でサッパリ行きたかったのですが、既に売り切れ!

というわけで「ネギ塩ポン酢焼き」を頼んでみましたが、これが大ヒット!

もも肉のネギ塩ポン酢焼き

写真は残念ながら上の1枚しか撮っていませんが、柔らかくてジューシー!ポン酢によく合います。雄鶏よりメス鶏の方が柔らかくてジューシーとのことですが、まさにその通り!

昔、サラリーマンの時に三宮ビル東館の地下にある”とり扇“というお店の”バラシ定食”を何度か食べに行ったことがあるのですが、それより柔らかい!

とり扇は雄鶏を使ってるのかしら?なんか色々選べたようが気がするので、今度三宮に行く機会があればちょっと行ってきたいと思います!

【ねぎま・ずりとろ・豚バラ】

やっと本格的な焼鳥へ。

ぜんろくの焼鳥

左から「ねぎま・ずりトロ・豚バラ」です。

私が一番食べたかったのが一番右側の「豚バラ」です。焼鳥じゃないんかーい!

という話になりますが、焼とんも焼鳥と並んでめちゃうまだと思うんですよね。今回も美味しかったです。

ずりトロは中々お目にかかれないんじゃないでしょうか。私は初めて食べました。ぜんろくのずりトロは結構小さめにカットされていることもありますが、いわゆるズリよりもコリコリしていない。

シャキシャキって言葉の方が合うかもしれません。トロ部分がコリコリ感を中和するんでしょうか。

これならズリ系が苦手!という人でも食べられると思います。美味しい!

ねぎまは普通!

【ささみわさび】

こちらも結構あっさりですね。

ささみのワサビ和え

ささみにワサビっぽいのが乗ってます。

なんと調子に乗って一口で食べてしまいました。食感は柔らかくまるでササミ!ジューシーさも失われておりません。

【つくね】

最後の焼鳥は”つくね”です。焼鳥屋さんに行ってつくねを食べないのはダメですからね。

ぜんろくのつくね

見た目はふっくらつくね。美味しいそうでしょ^^

タレが染み込んでるのが良いですねぇ!そして、柔らかくてジューシー!

軟骨入りだったのが個人的には嫌でしたけども、それでも美味しい。

お野菜系

続いて野菜です。

まず最初に頼んだのは「冬かぶら 炭焼き!」

【冬かぶら 炭焼き -380円】

冬かぶら

これこれ、これが美味いんです。「三宮のきりゅう」というお店で最近「かぶら」が好きという話を書きましたが、その理由はぜんろくで「かぶらの炭焼き」を食べたからに他なりません。

ここのカブラは本当に甘い。ジューシー。

何もつけなくても美味しいので、まずはそのままで食べました。美味しい。やっぱり炭焼き!

味噌つけても美味しい。

冬かぶらの炭焼き

5個で380円ですからね、安い!

【万願寺とうがらし -480円】

万願寺とうがらし

そして出ました。またしても万願寺とうがらし。

もう僕が万願寺とうがらしを頼むのも飽きたでしょう。でも食べました。美味しいですよ。

その他ジャンクフード

ジャンクフードとして頼んだものも紹介します。多分、今後も行くことがあると思うので、その度になにかしら追加していきまっす。

【大人のフライドポテト(フレーバークリーム添え) -500円】

ちょっとジャンクに行きたかったのでフライドポテト。

フレーバークリームって何?という感じだったのですが、こんな感じ。

大人のフライドポテト

店員さんに聞いてないので正解は知りませんが、多分普通に「バター」のことなんじゃないかと思います。

ポテトは普通に美味しいですねー。でもケチャップ派なので、フレーバークリーム添えない方が良かったかも!

ちなみにポテトを食べてる時に違和感を感じました。

これ。

大人のフライドポテトーたまねぎ1

お椀とお皿の間に白いの出てない?

お椀を持ち上げてみます。

大人のフライドポテトーたまねぎ2

大人のフライドポテトーたまねぎ3

 
 
 
 
玉ねぎ・・・、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
玉ねぎだー!!!!

なんで玉ねぎ?

はい。

シメのあっさりラーメン – 650円

はい、そしてシメにあっさりラーメンを頼みましたよ。これめっちゃ美味しかった。

普通に単独でコレだけで店出しても良いんじゃないかってくらい。

見た目が綺麗!

しめのラーメン

鶏ガラスープ入れてんのかな?あっさりとした塩味系です。

柚子胡椒も合わせて食べるとGOOD!(東雲は柚子胡椒なしの方が好きでしたけど。)

しめのラーメンのスープ

スープ一気に飲み干せます。5時間以上丁寧に煮込んで作ったスープだそうです。

そりゃ美味い。

麺!

しめのラーメンの麺

ストレート麺ですね。量的には普通のラーメン屋さんの1人前と同じくらい。

まァしかし、本当飲んだ時ってなんでラーメン食べてしまうんでしょうね。普通ならこれだけでお腹いっぱいになるはずなのに・・・。

まとめ~鶏屋ぜんろくの感想など。

いやー美味しかった。お会計は二人で1万円弱でした。

コスパが非常に良いのが嬉しいですね^^ 店内も綺麗ですし、店員さんも良さげな人が多いです。ぜんろく六甲道店は頻繁に店の前を通るので、前々から行ってみたいと思っていたので、今回願いが叶って良かったです。

2018年2月時点では三宮に出店してまだ日が浅いので、そんなに有名ではないのかもしれませんが、このコスパと美味さが伝わると何かと人気になりそうな気がしますね!ふぉー!

最後に他の方の感想記事も紹介しておわり。

鶏屋ぜんろく六甲道店「鶏だけじゃない!!お野菜も食べよう!」 – 六甲道ポータル
神戸元町「鶏屋ぜんろく 元町店」ランチグルメ : 神戸南来りょうちゃんブログ『グルメとミュージックの旅』

コメント

タイトルとURLをコピーしました