高級おでん屋!?神戸三宮のたばる坂で珍しいおでんの具をたくさん食べてきたよ!

大根かつおとみその合わせ技 その他居酒屋

東雲です。

大分暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?私はなぜか毎日お尻が筋肉痛みたいに痛くなるので湿布を貼っています。

そして・・・今回は・・・なんと!高級おでん屋さんの「たばる坂(たばるさか)」に行ってきました!

なんと私、「おでん」がメインのお店に行くのは初めてです。おでんもやってる店ってのは行った事がありますが、主力がおでんは初めて!もちろん、屋台のおでん屋さんも行ったことありません。

つか、屋台のおでん屋さんを見たことが無い。(博多の屋台では見たことがあるような無いような。おでんもあるのかしら?)

というわけで、さっそく見ていきましょうか。

料理の紹介を早く見たい人はこちらから(最初はアクセスとかメニュー紹介です)

たばる坂への行き方・アクセス・営業時間・外観等

住所:〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4丁目9−12 クリスタルコート 1F
電話番号:078-391-3120
営業時間:[平日] 16:00~23:00 [日・祝] 16:00~21:00
ランチタイム:なし
定休日:なし
席数:28席
公式サイト:なし
食べログ:たばる坂 (たばるさか) – 三宮/おでん [食べログ]

場所はですね、昔のパイ○山近く、北野坂の通りにステップ(靴屋さん)が昔ありましたよね。なぜ昔基準!

まぁ、なんせ昔ステップがあったところを右に行く感じ。北野坂方面じゃなくて細い方の道ね。そこをテクテクと歩いていくと出てきます。

たばる坂の外観

たばる坂!

店内の様子

店内写真は忘れましたー!

食べログで見てください!

なぜかトイレだけ撮りました。

トイレのお手洗い

なんかオシャレ!

とりあえず、店内はカウンター10席程度+テーブル3つって感じです。あと、個室があるそうですよ。

私たちは3人で行ったのでテーブル席に通して頂きましたが、カウンターだと調理の様子も見れそうですし、カウンターの方が良いかも分からんですね。

たばる坂のメニュー・価格

続いてメニューです。

メニューはこんな感じになっています。私は写真のスペースの都合上、右・左で分けていますが

たばる坂のメニュー1

たばる坂のメニュー2

上の段がおでん
下の段が一品料理

となっています。画像を頭の中で左右に繋げてご覧ください。

上記メニューには乗っていない隠しメニューもチラホラあるようですよ。(私が頼んだ料理は後ほど紹介します。)

そして、本日のおすすめメニュー的なのは女将さんが口頭で説明してくれます。説明が長すぎて何を頼んだら良いのか分からないくらい説明してくれます。

女将さんよく覚えられるなぁ。あんだけ口頭で言われても客はメニュー覚えられないので、紙に書いてくれた方が個人的には嬉しいけど。

まぁ、それが女将さんのこだわりなのかもしれませんが。

たばる坂で頼んだ料理を見ていこう!

今回は趣向を変えて「おでんじゃない料理」と「おでん」にセクションを分けて紹介していきます!

かなり食べたので写真多めです!

箸置き

なんか箸置きが可愛かった!

一品料理で頼んだもの

【そらまめ-突き出し】
そらまめ

そらまめは突き出しです。人生で多分初めて食べたと思います。

このまま食べるのかと思ったら、皮むくんですね。

そらまめの中身

筑紫さんに指摘されなければ、多分そのまま行ってました。そら豆は普通!

【刺身盛り合わせ-6種】
続いて、刺身盛り合わせ。女将が最初に「こういうお魚入ってます~」って教えてくれたのですが、覚えられないのでとりあえず盛り合わせで注文。

大皿で来るのかと思いきや一品ごとに配膳されます。というか、後述するおでんも含めて”たばる坂”では一品ごとに配膳されて出てきます。

個人的には一気にドカンと来てくれたほうが見栄えが良いのでソッチの方が良かったのですが、ここはもう好みの問題ですね(笑)

あこうのおつくり
あこうのおつくり

左上の大根おろしと青ネギを適宜使って食べていきます。

タイ
タイ

けんけんがつおの炙り
けんけんがつおのあぶり

こちらはニンニクを少々載せて、おろしポン酢で頂きました。ニンニクは女将が載せてくれました。

けんけんがつおのあぶりの近めの写真

かつおの炙りに間違いはねぇ!

不明
ネギ油がかかった魚

これはタイだったかな?ネギ油をかけた上にわさびさんが載っています。ネギ油旨い。

ひらめウニロール
ひらめウニロール

なんか見た目がお上品ですよね!美味しそう!

ただ、ウニのミョウバン臭さがちょっときつかったですね。。。

アオリイカ
アオリイカ

あおられたイカぁぁぁ!

【たばる坂風サラダ】
たばる坂サラダ

メニューに「たばる坂サラダ」って書いてあります。風?

とてもシンプルなサラダですね^^

【蒸し穴子】
蒸し穴子とノリ

そして蒸し穴子!

頼まずにはいられません。ノリもちゃんと蒸し穴子と同じ数用意してくれています。
むし穴子の近くの写真

こうやってね。ノリ・穴子・わさびを乗せて頂く。

蒸し穴子とわさびとノリ

わさびはわりかし甘めのわさびを使っているらしく、多めに乗せて食べてね、と言われたので結構多めに。

美味しい!ただ、穴子感でいうと韋駄天の方が良いですかね。僕、韋駄天好きなので。

やっぱり美味しい!神戸・灘のあなご屋「韋駄天」で穴子をムシャムシャ食べる。
知る人ぞ知る名店、神戸・灘のあなご屋「韋駄天」に行ってきました。ここは本当、味の割にいつも空いているので重宝します。穴子のお造り、穴子のユッケ、穴子の蒲焼&穴子の白焼きなどなど、これでもか!というほどの穴子料理のオンパレード。高級食材だから美味しいのは当たり前?と思うかも知れませんが、このお店だから美味しい!ってのが私の感想です。是非、神戸に遊びに来たら中心地から少し離れてはしまいますが、食べに行ってみて下さい。店内は和食屋さんらしく非常に綺麗で、落ち着いた感じ。まァ要はオシャレ。デートでも接待でも使えまくると思います!

【しろながすクジラの焼き物】
しらながすくじら

牛肉みたいに見えますがクジラさんだそうです。生姜醤油で頂きましたよ!

何気にクジラも初めて食べたような?クジラの串カツを昔食べたことあるような?覚えてない!

でも、クジラってこんな感じの味なのですね~。なんか普通のお肉に近い感!

【牛肉】
牛肉ステーキですね。部位はいちぼだそうです。産地は聞くの忘れました。

たばる坂のイチボのお肉

店内で販売もしている「特性のタレ」でいただきますよ!
たばる坂の肉のタレの販売掲示

たばる坂特性のタレ

特性のタレをお肉に絡ませる

このタレは確かに旨い!たまねぎとニンニクをじっくりコトコト煮込んでいるわけですから、当然旨い!

タレが美味しくて、これがあったらどんなお肉でも美味しいのでは?って感じ。

お肉はまぁまぁ普通の柔らかさ!

【お漬物の盛り合わせ – 800円】

お漬物の盛り合わせ

お漬物のラインナップは僕が好きな感じ。柴漬けと普通のタクアンみたいなの?は必須ですよね!(上の写真はタクアンではないけど)

ただねー、これで800円はちと高いかなと。

【チーズの茶碗蒸し】

チーズの茶碗蒸し

凄い興味をそそられる名称だったので頼みました。筑紫さんが。

ただ、なんていうんでしょうか。具が一切入ってなかったんですよね。

入れ忘れたのか?

チーズの茶碗蒸しの中身

いや、そんな事は無いでしょう。チーズ×茶碗蒸しの味を存分に堪能しろってメッセージだとは思います。

が、いかんせんチーズが強い!筑紫さん的には普通の茶碗蒸しのほうが好きだそうです。

おでんの紹介!

続いてはおでんの紹介ですよー。

もっかいメニューを再掲しますが、見たら分かるように「たばる坂」のおでんの種類はかなり豊富。

たばる坂のメニュー1

たばる坂のメニュー2

定番の品から、「おっ、この食材をおでんにするの!?」という品までよりどりみどり。

【大根】

当然、まずは大根から。

たばる坂の大根は「かつお」と「みそ」の2種類あります。両方頼みました。

大根かつお

大根みそ

無駄に並べて撮る!

大根かつおとみその合わせ技

「かつお」の方がいわゆる大根ですね。鰹節が乗ってるから「かつお」なのかな?

お味は、とても優しい感じ。たばる坂のおでんは結構薄めかな?

「みそ」の方は、本当田楽!って感じです。

【ぎんなん】

ぎんなん

こちらはぎんなん。可愛いお皿に可愛く3つずつ刺さっています。

【たまご】
そして、次はど定番のたまご。こちらは普通の玉子ですね。

たまご

【半熟たまごは隠しメニュー】
そして、普通のたまご以外に「半熟たまご」もあります。こちらは、メニューに乗っていない隠しメニューです。隠しメニューと言っても、店員さんが自発的に教えてくれますけどね。

半熟たまご

こちらは半熟の黄身がおでんのお出汁と絡まってなかなか良い味してました!ただ、半熟の強さの方が勝ってました。

【えのき】

えのき

ちょっと物珍しかったので注文してみました。

【たこ天】
そして、たこ天。

どんなのが来るんだろう?たこの天ぷらのことなのかな?

と思っていたら

たこ天

どっちかと言うとたこ焼きでした!お出汁で食べる明石焼きに近い感じですね!

【エビパンは隠しメニュー】
続いてエビパン。こちらも隠しメニューですね。

エビパンはたばる坂のおでんの中でも1、2を争う人気メニューのようです。

エビパン

エビパン1

確かに旨い!エビはすり身?

お出汁がパンにしゅんでます。パンのカリカリ感も残ってるしエビも抜群。

食パンをコーンポタージュにひたしたり、カレーにひたしたりして食べる方なら絶対に好き。ぜひ食べてみてください。

人気になるのも頷けますよ。

【ごぼう天】
てっきり

ごぼ天

上写真みたいなのが来ると思っていたのですが、こんな感じのやつでした。

ごぼう天

ごぼう天の中身

ごぼう以外にもにんじん?とか色々入ってて、これはこれで美味しい。シャキシャキ感がたまらない!

【ナス】

ナス

ナスは田楽仕立てです。

【しゅうまい】

しゅうまい

おでんにシュウマイ!?

と疑問に思ったので頼んでみました。ただ、しゅうまいが旨い。

【南京】

南京

そして、意外に美味しかったのがこちらの南京。

てっきり普通のかぼちゃの形で出てくるだけなのかな?と思っていたら、ひと手間加えられています。周りを覆っているのはなんでしょうね。お餅みたいな?

食べたけど何か特定することは出来ませんでしたが、少しモチモチする感じの生地。

そして何より、中の南京がとっても甘いんですよ!

これはぜひ食べてみてください。

【たらこ】

たらこ

そして、たらこ!
かなり贅沢にたらこが食べられます!

たらこファイヤー!

たばる坂の感想~女将が目玉!

いやー、たばる坂。なんだか落ち着いた大人のお店って感じでした。(と言っても、訪問したのが金曜19時からだったのでほぼ満杯。笑い声は絶え間なくって感じ)。

ただ、おでんの変わり種が素材の味そのまんま!みたいなのが多かったかなという印象です。別におでんじゃなくて良くない?的な。もうひと工夫あればなお良かった。

もちろん、これはこれで好きという人も多いと思います!

料金は、今回3人で行って3.3万円くらいだったので、チョイ高めですね(多分ドリンクは3人合わせて10杯くらいかしら。)

それでも人気なのは、女将さんの人柄によるところが大きいのでしょう!とても優しそうな名物女将って感じでした。

あと、お酒の種類が豊富なのも人気だそうです!

チビチビ飲みながらおでんを軽くつまむスタイルが一番望ましいお店なのかもしれません。

というわけでおしまい。

最後に「たばる坂」について書いている他の人のブログ記事を紹介して終了!

・日本酒が豊富な高級おでん屋さん「たばる坂」 in 神戸三宮 | 神戸のクリエイティブ経営者 natsukiの上質グルメ&旅情報ブログ
たばる坂in神戸三宮のおでんを食べてみました。 | 松葉博雄の社長研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました