【阪急苦楽園口駅】そば処 大正庵で景色を楽しみながら美味しいそばをいただく!行くなら花見の時期がベストやで!

天ざるそば 寿司・てんぷら・うどん・そば

こんにちは、筑紫です。

私は、以前「西宮市」に住んでいた事が有るのですが、その時によくお世話になった「そば処 大正庵」へ久しぶりに行って来ました。

夙川沿いに有るこのお店の一番のポイントは「景色が最高!」という点ですね。

とにかく見てみよー!

そば処 大正庵への行き方・アクセス〜駐車場有り!〜

住所:〒662-0074 兵庫県西宮市石刎町1-23
電話番号:0798-74-0050
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:木曜日(祝日・花見時は営業
席数:テーブル・座敷(合計100席)
食べログ:そば処 大正庵 – 苦楽園口(そば) [食べログ]
公式サイト:なし

場所は阪急苦楽園口駅から徒歩0分で、夙川沿いに有ります。まぁ要は駅の隣ですね。改札出てから30歩程度で着きます。

苦楽園口駅

ちなみに、苦楽園口駅は阪急神戸線の夙川駅から甲陽線に乗り換えて1駅で着きます。

甲陽線は、単線で苦楽園口駅と甲陽園駅の2駅しか有りません(電車は3両編成)。しかし、侮る事なかれ、どちらも高級住宅街です!いわゆるセレブ線(勝手に命名)ですね。電車は大体10分に1本で、苦楽園口駅で必ず上りと下りの電車がすれ違います。

駅を出て右に側に踏切が有るので、渡れば到着です。改札を渡ってから線路を見るとこんな感じ。あっという間ですね。

大正庵

なお、駐車場は道を挟んで向かい側に有り、数台分確保されています。以前近くに住んでいたのに、駐車場の事をすっかり忘れていてコインパーキングに車を止めてしまいました。もったいなー。

店構えはこんな感じ。

店構え

昔ながらのそば屋さんという感じがしますね。

ちなみに、大正庵は今回行った苦楽園店の他に、西宮本店三田店の合計3店舗有ります。


参考:西宮本店は代替わりの為に一旦閉店。現在は「新大正庵」という店名で営業しています。

あ、本題と関係ないですが、苦楽園口の駅から東に200mくらい行ったところに「ニテコ池」という池が有ります。ここは、貯水池としての役割が有るのですが、映画「火垂るの墓」の舞台となった事で有名ですね。清太と節子が移り住んだ防空壕がこのニテコ池のほとりに有ったのです。

但し、その防空壕は阪神大震災で崩壊してしまい、今はもう無いですけどね・・・。

春〜夏の夙川はこんな感じ!桜が綺麗で!

今回は、2017年の7月上旬、梅雨のまっただ中に訪問したので天気も微妙でした。

しかし、夙川と言えば「」です!4月に来ると最高の景色が待っていますよ。上記の大正庵の営業時間を見ても、花見期間中は休みなく営業している事から、花見目当ての客が多い事が分かりますね。

私が住んでいた頃に撮った写真を探して見た所、無事に見つけました。せっかくなので見てみましょうか。

夙川入り口

これは、今回行った時に撮った写真ですね。店の横から夙川に入る事が出来ます。

夙川の春

夙川の春はこんな感じ。写真を撮った場所が悪く、桜が殆ど映ってないですが雰囲気は伝わりますかね。とにかくいい感じです。

夙川の桜

桜の時期には花見客も多く、朝から晩まで人が溢れかえっていますよ。あ、そういえばむか〜し東雲と花見をした記憶が有りますw まぁそれはいっか。

夙川の電車

川沿いを上って線路の下をくくり進むと、こんな景色も待っています。良いですねぇ、緑と川と電車のコラボレーション(川は分かりづらいけど。)

春から夏にかけては、子供たちが水辺で遊んでいる姿もよく見かけます。座って本を読むのも気持ちいいですよ。

夙川

と、まぁ夙川はこんな感じです。大正庵にいくのも夙川で電車を降りて、のんびり歩いていくのも良いですね。行きは苦楽園口まで電車で行って、帰りに夙川沿いをのんびり歩いていくのもOK!

そば処 大正庵の店内はこんな感じ

前置きが長くなってしまいました。お店の中に入ってみましょう。

天かす

店に入るとすぐに天かすが置いています。そばやで残った天かす・・・「欲しーっ!」けど今回は買いませんでした。今度機会が有ったら買ってみよっと。

店内2

店内は広々としています。100席有るので、並ぶ事はあまり無いでしょうね。但し、窓側の席に座りたい場合は待たないといけないかも。

店内

なんか鼻の長い天狗さんがいますね。まぁいいやこれはスルーしとこう。

調味料

調味料。これはまぁ特筆すべき事項なし。

そば処 大正庵のメニューを見てみよう

大正庵のメニューを見てみましょう。大抵の蕎麦屋に該当する事ですが、メニューが多い!

まずは、そばとうどんのメニューから。うどんよりもそばの方が50円高い設定ですね。

メニュー4

そばは二・八ですね。うん、やっぱそれくらいが丁度いい感じ。

次に、定食や丼もの。

メニュー3

こんなに有ると悩みますねぇ・・・。けど、「かもすき」とか「とりすき」が結構気になるかも。

さらに、付きだしメニュー。これはどちらかというと、夜や花見時のメニューですね。

メニュー2

最後に、ドリンクです。

メニュー1

食事は好みなの自分の好きなものを選べば良いのですが、メニューが多いとどうしても悩んでしまいます。「悩んだ人はとりあえずこれ!」みたいな感じで、オススメを書いておいてもらえると良いですね。

ちなみに2018年3月に再訪したら、お店の前にこんな貼り紙が!

値下げ

確かに店の反対側を見ると駐車場が無くなってました。それにしても、経費が減ったのをちゃんと値下げで客に還元してくれるのがいいですね!最高!

筑紫が頼んだ「そば」はこれだ!

はい、という事で私は悩んだ挙げ句、「天ざるそば(1,100円)」を頼みました。まぁ、基本的に私はそば屋で悩んだときは、天ざるそばを頼みます。

あ、その前に、そばが来る前(注文前)にお通しみたいな感じで、お茶と「揚げそばせんべい」が来ます。

おつまみ

ぱりぱりむしゃむしゃ、と美味しく頂きました。

さ、本題の天ざるそばが来ましたよ。

天ざるそば

出来立てアツアツの天ぷらとコシがたっぷりの二・八のそば、最高です!病み付きになりますよ。といっても、写真はコレしか有りません、さっせん。

そして、同席者が頼んだのはコレ。

ぼっかけそば

ぶっかけそば(800円)と天めし(500円)。同じプレートに乗ってますが別々に頼んだものです。こちらは混ぜまぜして頂きましたよ。うん、美味しかった。

天めしはタレがかかっていますが、天ざるの方は何もかかっていません。どっちが良いかは貴方次第!

最後にはもちろんそば湯も頂きました。びっくりするくらい熱かったです。

そば湯

最後に

大正庵いいですよ〜。普通にそば屋としても美味しいですし、さらに景色が最高です。花見の季節にまた訪問したいですね。

セレブな駅ですが、値段設定も標準的(よりは少しだけ高いのかな?)ですし、接客も問題有りません。気になる方は一度是非食べにいってみて下さい。

最後に、大正庵について書いているブログをいくつか紹介して終わります。

それなりに平穏な日々「苦楽園口の大正庵」

きじこのグルメブログ「兵庫県西宮市 苦楽園口 大正庵」

以上、筑紫でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました