神戸三宮のあら皮(あらがわ)でステーキ!世界で唯一ミシュランのステーキ部門で二つ星を獲得した名店やで!

ステーキ 洋食

筑紫です。

最近ラーメンが多かったけど、たまには・・・という事で「神戸でステーキと言えばここ!」といっても過言ではない「麤皮(あらがわ)」に行って来ました。

参考:漢字が難しいので「あら皮」と表記される事の方が多いです。

言わずと知れた名店ですね、1956年に創業され、神戸で炭焼きステー文化を牽引してきましたが、2010年には、ミシュランガイド始まって以来の快挙である「ステーキ部門で世界唯一の二つ星(★★☆)」を獲得しています。

まぁ、とにかく見てみよう!

麤皮(あらがわ)への行き方・アクセス

住所:〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通2-15-18
電話番号:078-221-8547
営業時間:12:00~15:00、17:00~22:00
定休日:日曜日 (日・月が連休の場合は日曜日が営業で月曜日は休み)
サービス料:10%
席数:26席(1階ホール17席・2階個室10席)
食べログ:麤皮(あらがわ) – 三ノ宮(ステーキ)[食べログ]
公式サイト:http://www.aragawa.co.jp/

場所は神戸のオシャレ街道「北野」ですね。

三宮駅を出て、ハンター坂をひたすらのぼり3個目の角を西へ進むと着きます。この説明で分かりにくかった方は、迷わず上の地図を見て下さい!

あらがわ

建物自体はとても古いです・・・歴史を感じますね。周りに新しいマンションがいくつも建っているなかで、ポツンと建っています。

入り口

近くに寄ってみるとこんな感じ。ガラスに若干ヒビが入ってますけどね、まぁそれはいいや。

ちなみに、麤皮(あらがわ)のある通りは東にしばらく行くと、これまたステーキの名店「和黒(わっこく)」が有ります。

和黒

和黒はこんな感じ、なんだか少し似てますね。といっても和黒は店の前に木が生い茂っているのでよく見えないですけどね。

なお、麤皮(あらがわ)まで駅から歩いていくと、10分ちょっとくらいかかるかな。夏だと結構キツいです、というか私が暑がりなだけか。けど、タクシーに乗っても許される距離だと思いますよ、個人的には。

とはいえ、距離や暑さなんてものともしません、なぜなら至福のステーキが待っているはずだから!

麤皮(あらがわ)の店内はこんな感じ

今回は2階の席でした。入ってすぐにある階段を上るとこんな感じ。

中

シックな雰囲気でいい感じですね。店に入った時点ではトップライトが点いてなかったので写真は若干暗いですが、実際はもう少し明るいです。

棚には数々の賞状が飾られています。

棚

小さくて見えにくいかもしれないですが、2016年ミシュランガイド(兵庫)の二つ星を示すプレートと人形も有りますね。素晴らしい!

麤皮(あらがわ)のメニューや値段

テーブル

あら皮にはメニューが1つしか有りません。「シェフのおすすめコース」です。お一人様35,640円也。

ホームページに載っているメニュー内容としては、以下の通り。

  • アミューズ:一口のお楽しみ
  • 前菜:シェフのおすすめ(orフォアグラソテーorリングイネのキャビア添え)
  • メイン:炭焼きステーキ
  • サラダ:シェフのおすすめサラダ(日替り)
  • デザート:日替り
  • ドリンク:コーヒーor紅茶

まぁこれだけじゃ良く分からないですね。とにかくおまかせのコースって事です。とりあえず行くと決まったら当日を楽しみにしましょう。

あら皮(あらがわ)のコースがスタートしたで!

お待たせしました、コースを食しましょう!

まずはシャン○ペインで乾杯!

飲み物width=

私はシャン○ペインの味は良く分からないですが、美味しく頂きました。グラスが結構大きいので、一気に飲むと食事が始まる前に酔ってしまいそうです。

モッツアレラチーズのトマト添え(ネーミングは適当)

モッツァレラ

コースの最初はモッツァレラチーズのトマト添えでした。シャンパンに合いますね。美味しいです。

パンとバター。バターめっちゃ美味い!

パン

パンが出て来ました。焼きたてパンです。事前情報によるとバターが絶品との事。

バター

バターは最初からテーブルに有ったので、実を言うとパンはまだかまだかとウズウズしていたのです。バターを付けてパンを食べてみると、「うん!」確かに美味しい。こんなバター、日常生活ではあまりお目にかからないかもしれないですね。

あっという間に食べてしまいました(パンはこの後もう一回出て来ました。)

宮城県産のキングサーモン!希少らしい。

宮城県産のキングサーモンです。

キングサーモン

一般に流通しているのは輸入ものらしく、国産のキングサーモンは希少価値が高いらしいですよ。大きなのだと、一匹でうん十万円するとかしないとか。これまた美味しいんです。

ちなみに、横に添えているオタマジャクシみたいなのはケッパーです。大きいですね、普通のケッパーの3倍くらいはあるんじゃないでしょうか。けど味はしっかりケッパーでした。

明石蛸のサラダ

明石タコ

兵庫県といえば明石!明石といえば蛸!ということで、蛸のサラダです。他のものもそうですが、素材の良さをとても感じます。

あら皮の三田牛サーロインステーキ!これはヤバい!神戸牛とはまたちょっと違うで

遂に出て来ました、炭焼きステーキ!絶妙なミディアムレアの状態で入場です。なお、サーロインステーキとのこと。

ステーキ

サーロインって言われないと何だか分からないくらいの迫力ですね、サーロインステーキってこんなんだっけ?って自問自答しました。

写真で伝わるか分かんないですが、結構大きいですよ。普通鉄板焼き屋さんにいくと、ステーキって可愛らしいサイズ感ですよね。ここは違います、惜しげも無く高級ステーキがドカンと出て来ます。さすがです!

お好みで塩とかカラシをどうぞ、との事だったのでどっちも順番に付けてみましたが、どれも合いますねぇ。何よりも備長炭の釜で焼いているというステーキがね、炭焼き感満載なんです。最高ですよ。

肉の旨味がギュッと凝縮されてて、噛む度にジュワー・・・ってよく有る食レポみたいですが、ホントそんな感じでした。

飲み物

ステーキにあわせて赤ワイ○ーンも出て来ましたよ。かなりこだわっているらしく、あまり詳しい味の事は分かりませんが、ステーキとの相性はバッチリだったと思います。

デザート・コーヒー・お菓子

ドカンとステーキを頂いたら、早いもので残りはデザートのみとなりました。

デザート

ふわっふわのとろっとろでした。

コーヒー

コーヒーを飲んでいると最後にチョコのお菓子が出て来ましたよ。

お菓子

「これはチョコだね」って思いながら食べると、これまたふわっふわ(サクッサク?)でした。最後の最後まで美味しかったです。ごちそうさまでした!

最後に

いやぁ、美味しかったですね。さすが神戸でステーキを牽引してきた名店なだけのことはあります。ただ、メニューのとこに書いた様に、若干高いです。いや、若干ではないですね、結構高いです。シャン○ペイーンやワイ○-ンを飲むと1人4万円は超える感じですね。

コスパはどうなの?と聞かれると、「う〜ん」という感じですが、満足感はかなり有ります。これくらいの値段がポンと日常で出せる方は良いですが、そうじゃない方のが多いですよね、特別な日にいつか行ってみてください!

思い出に残ると思います。

まぁ、かく言う私も自分でお金払ってないんですけどね、てへ。自分で払うならまだまだ行けません!いつか特別な日にまた行きたいと思います。

最後にあら皮の食レポを書いてるブログなどをいくつか紹介。

プロ・ビーラーとスイーツ好きの肉食日記「神戸 あら皮」
門上武司のおいしいコラム 「あら皮」 神戸・中山手・ステーキ

以上、筑紫でした。

もし、単純に良いお肉を適切な価格で味わいたい欲が強い方は神戸の灘にある「大栄」がおすすめです。神戸ビーフが安い。
絶品すぎる。神戸灘の大栄で神戸牛のステーキをたらふく食べて来た話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました