ソウルフード感がパない!「もっこす 工場店」で中華そば×赤玉ミンチを食べてきた!

赤玉ミンチ入れてみた図 ラーメン

こんにちは東雲です。

先日の土曜の昼下がり、「もっこす工場店」に行ってきました。2017年2月4日にもっこすのスープ工場から火災!というニュースが神戸市民を震撼させましたが、現在(2017年4月)は無事に営業を再開しております。

一緒に行ったのはいつものおっさんですので、特に言うことなし。とにかく、やっぱり、もっこすはソウルフード感がパない。今回は普通に中華そばを頼むだけじゃなく、工場店独自のトッピング?「赤玉みんち」も合わせて頼んでみたので、その模様も紹介します。

もっこす 工場店への行き方・アクセス

住所:〒657-0851 兵庫県神戸市灘区味泥町8−26
電話番号:078-881-1414
営業時間:11:00~15:00(スープがなくなり次第終了)-日曜営業&無休らしい。
席数:10席(カウンターのみ)
食べログ:もっこす 工場店 – 大石/ラーメン [食べログ]
公式サイト:なし

場所は少し分かりにくいところにありますね。最寄り駅で言うと、阪神「西灘駅」or「大石駅」のどちらかです。駅から歩いて10分~15分といったところでしょうか。

目印としては、二号線沿いのフェニックスプラザ摩耶(ゲームセンターとかが入っている商業施設)が一番わかりやすいと思います。そっからだと5分もかからないでしょう。

なんせ、言葉で説明するのは難しいので、徒歩のかたはグーグルマップを駆使して頑張ってたどり着いて下さい。

もっこす味泥工場店の外観はこんな感じ。

工場店外観

私が行ったのは土曜日の13時過ぎくらいでしたが、待ちありでした。

工場店の行列

やはりカウンター10席ですから、仕方ありませんね。

珍しいので店の横にある工場への入り口?の写真も撮っておきました。

工場の入口

世にも珍しい株式会社名もありましたので、記念にとっておきました。「もっこす食品株式会社」「もっこすフーズ株式会社」と2つ看板があります。

単に食品⇒フーズにして、看板を2つ掲げているだけなのか、それとも実際に法人格を分けているのか、分けているとすれば各々の会社にどういう役割を与えているのか?

非常に気になるところですが、私はラーメンを食べに来ただけですから考えても仕方ありません。

もっこすフーズなのかどうなのか

なお、以前までは11時~14時が禁煙時間帯になっていたそうですが、現在(2017年4月時点)では全ての営業時間帯で店内禁煙となっています。我慢できないかたは店横にあるこちらでご一服下さい。

喫煙所(店内禁煙)

駐車場の場所

現場を見てないので何台まで止められるのか分かりませんが、工場店用に駐車場があるようです。(どこかの口コミで3台~4台くらい止められると書いていたような・・・)。

赤玉ミンチの値段と駐車場

どちらかというと、駐車場に止めずに店の前に車を止めている人が多いですが、交通マナーは守りましょう。

店内の雰囲気

店内の雰囲気はこんな感じ。

店の中の様子

うん。

店内の雰囲気も何も感じられない写真ですね。すいませんでした。

でも、やっぱり赤色のカウンターが食欲をそそります。

もっこす 工場店のメニュー

続いてメニュー。

単品メニューがこちら。

単品メニュー

もっこすといえば「醤油豚骨味」が有名ですが、工場店は”魚介そば”なるものが有るようで、非常に気になります。総本店と違って“焼きめし”があるのも良いですね!

続いてセットメニュー!

セットメニュー

やはりセットメニューはお得ですね。

持帰りもあるので、ご自宅でももっこすの味を楽しみたい方は是非お持ち帰り下さい。

ちなみに、生パスタもお持ち帰りできるそうです。

工場店はパスタもやってる

こちらのブログ記事で実際にもっこすの生パスタの調理後が見れるので、気になる人はそちらもチェックしてください。

東雲&筑紫が食べた料理を紹介

料理の紹介をする前に、薬味とたくあんの紹介から。

もちろん工場店にも薬味やらたくあんは置いてます。

トッピング

写真には載ってないですが、焦がしニンニクチップスも置いてあります。

たくあんはこんな感じ。

もっこす工場店のたくあん

総本店の「たくあん」はこれ。

たくあん

若干、総本店のたくあんの方が分厚いような気がする。美味しいから別にいいけど。

魚介そばはこんな感じだった!-お値段730円

続いてラーメンの紹介。まずは一緒に行ったおっさんがオーダーしていた「魚介そば」の紹介。

魚介そば

ほう・・・。なかなか美味しそうだ。

魚介そばのチャーシュー

上画像のように通常の中華そばとは違って、チャーシューが分厚い。2枚入り。

わざわざ餃子を焼く鉄板でチャーシューを焼いてから”魚介そば”に投入していました。なかなか上手い。

縮れ麺

麺は中華そばのストレート細麺とは違って、上画像のようにパスタ?のような?縮れ麺のような?

これはこれで歯ごたえがあって良い。魚介ベースの醤油味は結構さっぱりでおすすめかも!

以下のブログでも「魚介そば」の感想が書かれていますので、そちらもどうぞ!

神戸休日グルメ日記 『もっこす工場店』@灘区味泥町
『手もみ魚介そば¥600』もっこす 工場店のレビュー | ラーメンデータベース

注:今は魚介そばの値段は730円・・・のはず。

中華そば×赤玉ミンチを見ろ!

私は今回も中華そばをオーダー。正確には中華そばセット!

中華そば+餃子+ライスのセットで900円でおま。

中華そばセットの完了!

では、中華そばにスポットを当てていきましょう。

工場店の中華そば

うん、なんか総本店のチャーシューよりチャーシューがチャーシューっぽい。具体的には肉厚があり、とろける感じ。チャーシューは工場店に軍配が上がっているような気がします。

くわえて、枚数も総本店より多い!お得!

ただ、もやしは工場店のヤツのほうが少ないかも。

言わずもがなのストレート細麺!

ストレート麺

そして、今回はこちらの「赤玉みんち」をトッピングで頼んでみました。1個50円です。

辛いトッピング赤玉みんち

見るからに辛そう。

割ってみました。

赤玉ミンチを割ってみた図

見るからにミンチ。

中華そばに投入!

赤玉ミンチ入れてみた図

なんか可愛い。

ほぐしてほぐしてほぐしまくった結果がこちら。

赤玉ミンチを混ぜ合わせ

辛そう。

食べ終わった後のスープがこちら。

食べ終わった後の図

うん。

辛かった!美味しいけど、辛かった!パない!

多分、赤玉ミンチにめっちゃハマる人も多いと思います!

が、私は普通に薬味&ニンニク入れた方がスキかな~。

中華そば自体は五臓六腑に染み渡る感じでとても美味しかったです。

終わりに

久々に新しいもっこす店舗に行きました。

多くの方が言っているように、やはり店舗毎で微妙に味が違うかも!?

なによりも、工場店は「魚介そば」というメニューがありますので、工場店に行くならこちらを頼んでみることをおすすめします!

普通に美味しいです!

スープの濃さでいうと「総本店>工場店」かな。チャーシューは工場店のほうが美味しいと思いますけど、全体的には総本店の中華そばのほうが個人的には好み。

皆さんも色々なもっこすを食べ比べてみましょう!

総本店の全く参考にならないレポートもあります!

神戸の中華そば【もっこす 総本店】で食べるチャーシュメンが特盛りすぎる!

ではでは。東雲でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました