百々福(ももふく) -大石・六甲道エリアに出来たラーメン屋さん

百々福外観 ラーメン

百々福外観

私はおっさんなので、平日だろうが土日だろうが起きるのは私が起きたくなった時だ。概ね時間的には10時半頃だろう。

しかし、ある日誰かが私が一人で寂しく住んでいる木造ボロ屋造一軒家の古めかしい玄関のチャイムをビービーと鳴らすではないか。申し訳ないけど、佐川急便なら再配達お願いしやす!の勢いで再度眠りにつこうとするものの、チャイムが鳴り止まない。

眠い目をこすりつつ玄関のガラガラドアを開けると、おなじみのおっさんがなぜかそこにいた。時刻にして午前8時半。普通の人であればもう朝ごはんも食べて歯磨きもして、今日という日をどうやって過ごすか?という綿密な計画を立てている時間だろう。しかし、私にとって8時半は普通に早寝早起きしている人の5時だ。

不謹慎だ!という事で、お昼はそのおっさんにラーメンをおごってもらいました。

今回行ったのは2016年3月14日に大石・六甲道エリアに新規オープンした「中華蕎麦 餃子専門店 百々福」というお店。

元々は大阪エリアで開業されていたそうだが、六甲道エリアに引っ越してきたらしい。

百々福(ももふく)の場所

住所:兵庫県神戸市灘区灘南通1-1-10
電話番号:078-882-5377
席数:約10席カウンターのみ
URL:百々福 – 大石/ラーメン [食べログ]
その他紹介ページ:百々福(ももふく)「くら寿司近くにラーメン屋さんがニューオープン!!」

二号線沿い。ラーメン激戦区。最寄り駅は大石で徒歩3分くらいかな?くら寿司の西、そして下記画像大正銀行の向かい側の道に有ります。

百福の反対側

百々福の料理やらなんやらの感想

まずはいつもどおりメニューから載せます。

ドリンク&サイドメニュー

ドリンクアンドサイドメニュー

なぜ、小瓶なのか。ラーメン&ビ○ルに小瓶のビ○ルでは辛い。しかも小瓶が400円だと高い。ここは中瓶500円にするか、生ビ○ル500円で提供すべきと思ったのは私だけではないはず。ライス100円は安い。

メインメニューのラーメン!

火山ラーメン(税込850円ー限定15食!)

火山ラーメン

どうやら、この火山ラーメンが百々福(ももふく) の一番の推しのようで、限定15食。昔、どこかのテレビに取り上げられたことが有るらしい。

牛白湯(ギュウパイタン)ラーメン(税込750円)

牛白湯ラーメン

醤油ラーメン(税込700円)

醤油ラーメン

醤油ラーメンだけは以下画像のように、ダシと麺を選べる。一番安いのに!?

醤油ラーメンの選択

ちぢれ麺と全粒粉のどちらがポピュラーなのか聞いてみたけど、忘れたので割愛。ちなみにお店は夫婦二名でやられています。主にカウンターには奥さんが、調理は旦那さんがやられている模様。奥さんは非常に愛想が良く、サービスの対応としてはGOOD。

ちなみにラーメンは上記3種類のみ。少数のラーメンを厳選して提供しています。(追記:2017年4月時点ではカレーラーメンなどメニューも増えているようです)

そして、我々が頼んだメニューはイチオシラーメンではない「牛白湯ラーメン」と「醤油ラーメン」。更に、ランチタイムは全ラーメンに+150円でチャーハンがセットで付いているという事でもれなく注文。

まずは、私が頼んだ「牛白湯ラーメン」から・

牛白湯ラーメン

見た目非常に濃さそうな感じですけど、味はスゴイさっぱり。パイタンってそういうラーメンだったのか。

醤油ラーメン

こちらはもう一人のおっさんが頼んだ醤油ラーメン。魚介ベースのダシに更に魚介パウダーをまぶしているので、味はかなり魚系。醤油!というよりも魚介ベースの感が強い。

麺がどんな感じだったのかはあまり覚えていない。あっさりベースあるいは魚介ベースが好きな人は多分めっちゃ好きだと思います。

豚骨系の濃いーインパクトの有るお味をお好みのおっさん諸君は火山ラーメンを頼んだほうがヨロシイかと思います。(火山ラーメン頼んで無いので味が分からないけれど。)

ラーメンの量的には普通です。女性でもお子さんでも1杯位なら問題なく食べられるでしょう。

しかし問題はチャーハンです。

百々福の炒飯

これ、UPすぎて写真だと大きさが分からないと思うんですが、結構多め。イメージ王将の炒飯を1.2倍くらいにした感じ。まぁ王将の炒飯みたいにギュッギュッってしている訳ではないので、質量的には同じ位かも知れませんが、ランチで+150円だからと言って調子にのって頼んでしまうと、女性とか子供は食いきれないかも。

味は、ちょっと塩加減がキツかったかなという印象。ご飯もどちらかと言うとパサパサした感じ。こういう味が好きな人も大勢いらっしゃると思いますが、コテコテ料理が好きなおっさんとしては物足りなかったかな。いや、美味しいんですけどね。好みの問題です。

最後にギョーザ。確か5個で税込300円or400円だったと思います。

ギョーザ

まず思ったのはね、餃子を出す方向間違ってんじゃね?という事。普通焼いた面の方を上にして出すと思うんだけどなぁ。ご主人のポリシーなのかどうか分からないけど、絶対焼き面を表にした方が美味しそうに見えると思う。

味は可もなく不可もなくという感じ。本業の餃子屋(参考:星萬)さんには中々勝てないか・・・という印象です。

まとめ

二号線はラーメン激戦区です。しかも百々福は場所的にもそこまで良い場所じゃない。(近くにくら寿司という安定した回転寿司が有るので、よっぽどインパクト無いと客は取られる)

奥さんのサービス対応は花マルです。味も好きな人は多分めっちゃハマります。ただ、激戦区というのがアレですね。

火山ラーメンを食べなかったのは悔やまれるなぁ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました